歯科治療は進化している!入れ歯も悪くない!?

奇麗な歯並び 歯が部分的に抜けてしまった時にそれを補う選択肢は進化しています。
治療法としては、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントという3つが考えられます。
ブリッジと部分入れ歯は保険適用なので、お財布にはやさしい治療行為ですが、見た目や耐久性という点で劣ります。

ブリッジは抜けた歯の前後の歯を支えにするため、本来なら削らなくていい歯を削ることになり、歯全体の寿命からみたら、無理に寿命を縮めるようなものです。
ただ、取り外しの手間はいりません。
ブリッジは金銀パラジウム合金という金属で作ることが多いです。
前歯を含んでいると部分的にレジンという素材が使われます。
レジンは天然歯に近い色合いです。
レジンの部分だけみれば、自然な感じがします。

では、入れ歯の場合はどうかというと、部分入れ歯は補う歯の前後の歯にひっかけ金具を取り付け、固定します。
このひっかけ金具は金属製で、バネと説明する先生もいればクラスプという言葉で説明する先生もいます。
部分入れ歯の場合はブリッジに比べると歯を削る量は少ないです。
ただ、ひっかけ金具を安定させるために歯を削ることがあります。

もう一つの方法、インプラントは保険適用にならない行為であるうえに、治療時間がかかります。
抜歯をしてから歯茎やその下の骨の状態が安定しないと無理だからです。
インプラントは人工歯根よばれるものを埋め込みます。
歯や歯茎の状態が落ち着かなければ、インプラントの導入には至りません。
写真をとって確認したりしながら、治療が続きます。
インプラントの場合、安くても50万円くらいかかります。
ただ、お金がかかっているだけあって、見た目は自然ですし、しっかりと歯や人工歯根部分を固定させるため、取り外しの必要もなく、自分の歯と同様に扱えます。

最新の入れ歯として、ノンクラスプデンチャーというものがあります。
自費の部分入れ歯です。
バネと呼ばれる金属部分をなくし、素材は歯の部分はレジンで、床材といって、いわゆるピンクの歯茎部分は特殊なプラスチックになっています。
精密な型をとり、ピンクの歯茎部分にあたるプラスチックを歯がない部分の前後の隙間にぴったりとはまるようになっています。
フィット感があり、見た目も普通です。

歯の数にもよりますが、1歯欠損であればこのノンクラスプデンチャーは10万円もかかりません。
従来の部分入れ歯やブリッジと異なり、無駄に自分の歯を削らなくていいのが最大の利点です。
実はインプラントを予定している人であっても、抜歯後の歯槽骨の状態が落ち着くまでは本格的な治療に入れず、かといって歯が抜けたままにしていると歯並びが悪くなってしまうため、一時的な入れ歯が必要です。
その入れ歯をノンクラスプデンチャーでつくり、それが気に入って、結果的にインプラントにしない患者もいるそうです。
最新の入れ歯はそこまで進化を遂げているのです。