歯周病と糖尿病の関係性とは?

歯周病と糖尿病はそれぞれ原因が異なるものではありますが、実は関係していることがあります。
糖尿病とは食べたものから分解されたことによって現れる糖分が体内で吸収されにくくなる病気です。
吸収されない糖分は血液中に溜まり高血糖な状態が続きます。
現代では多くの方を悩ませている生活習慣病の1つです。
様々な合併症を引き起こすことでも知られる病であり、歯周病もその1つに数えられることがあります。

糖尿病の合併症の中には重症化すると、死に至る恐れがある病もあります。
糖尿病で高血糖の状態が続くと、体の中の防御反応が低下します。
通常ならば問題が無いような細菌でも体が抵抗出来にくくなっていきます。

それは歯周病で同じことが言えます。
そのため、糖尿病の方は健康な方よりも歯周病にかかるリスクが高まると指摘されています。
高血糖状態では歯茎の血管が傷んでしまうので歯周病を進行させてしまいやすく、重症化の恐れがあります。
そのため、早期治療が必要となります。

歯周病は歯の表面に付着しているプラークが原因で起こります。
プラークは主に最近で構成されていて、その中に歯周病原菌も含まれています。
この最近が歯肉の隙間に入り込んで増殖し、炎症を起こします。
これが原因で歯を失うことにも繋がりうるのが特徴です。

歯周病になると歯茎の中で炎症性物質が作られます。
この炎症性物質はインスリンの働きを妨げます。
インスリンは血液を介して血糖をコントロールする働きを持っています。
インスリンの重要な役割として血糖値を下げるということがありますが、それが妨げられると血糖が極めて高くなるため危険な状態になってしまいます。
2型の糖尿病の方は歯周病の治療を行うことでインスリン抵抗性が改善されるということが報告されています。
そのため、糖尿病の改善を目的として歯医者さんを訪れることは十分に考えられると言えます。

歯周病になった場合は糖尿病のリスクが高まっていることに注意が必要です。
糖尿病は生活習慣病の1つなので食生活などが大きく影響します。
歯周病を早期治療することでそのリスクを抑えることができます。
歯以外が健康であっても歯周病から他の病を併発するケースも存在します。
そのため、歯に違和感があったら歯科医院の診察を受けて、必要に応じて治療を受けることが重要と言えます。
糖尿病を患っている場合は診察を受ける際にそのことを歯医者さんに伝えておきましょう。
それを踏まえた治療を受けられる可能性があります。