予防歯科のPTMCを定期的に受けよう

歯が痛くなったり、歯茎が腫れると言った症状を感じたら歯科医院に行くという人が多いです。
しかし、これらふたつの病気はどちらとも進行性の病気です。
痛みなどの症状があるときは、すでに病気になっているため、この段階で歯科医院に行っても歯を削る治療を行わなければいけません。
一度削った歯は二度と元に戻ることはありません。

そのため、健康な歯を守るために予防歯科という考え方が広まっています。
痛くなったら歯科医院に行くのではなく、痛くなる前に受診するという考え方です。
予防歯科を実践することで、虫歯や歯周病にならない健康なお口を維持することができます。

さらに、よりきれいな口元にするための審美歯科を希望する患者さんもいます。
審美歯科とは、見た目にこだわった治療を行う歯科で、具体的には歯を白くするためのホワイトニングなどを行います。
ホワイトニングは、自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングのふたつがあります。
歯を白くするための専用の漂白剤を使うことで、歯の内部の色素を分解して白くしていきます。

ホームホワイトニングの方が漂白剤の濃度が低いため白くなるまでに時間がかかりますが、何度も来院できない人には向いている方法です。
結婚式前など、早く歯を白くしたい患者さんにはデュアルホワイトニングといって、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を行う場合もあります。

ホワイトニングを効果的に行うために、審美歯科ではPMTCも行っています。
PMTCとは、専用の器具を使ったクリーニングのことです。
自宅の歯磨きでは完全に汚れを落とすことは難しいですが、PMTCでは歯と歯の間のような細かい部分まできれいにします。

保険適用の歯石除去は、痛みなどを感じることがありますが、PMTCは歯の表面を磨くことが主なので痛みなどの心配がないクリーニングです。
治療後は歯の表面がツルツルになってとても気持ちがいいという感想を持つ患者さんが多いです。
PMTCは保険適用外になるため、費用は全額自費扱いになります。

予防歯科でもPMTCの重要性が言われています。
歯の表面の汚れを取り去ることで、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境を作ることができるためです。
定期的に受けることで、常にお口の中がきれいな状態にすることができます。
ホワイトニングの前にも行うことで、歯の表面の汚れがなくなり、漂白剤の浸透が高くなります。